イカナゴの釘煮




イカナゴの釘煮

春を呼ぶ魚・イカナゴ(玉筋魚・いかなご)
イカナゴの稚魚・シンコの漁が、解禁され
イカナゴの漁期は2月下旬から3月下旬までのほんの短い間しかなく
、 この時期に捕れたイカナゴをクギ煮(佃煮)にしています

兵庫県の播磨・明石、神戸・垂水大阪湾、淡路島北部の地方で捕れます
その日に水揚げされたのが魚屋さんの店頭に並びますが
私は予約をして置きます。午後の入荷します
買って帰ったらすぐ料理にかかります

、  材料
イカナゴ・・1kg   ザラメ・・250g   味醂・・150cc   酒 ・・ 50cc
 醤油・・150cc
 土生姜   適当 皮付きのまま千切

作り方
1)よく洗い しっかり水切りをします
2)落し蓋をアルミフォイルでつくっておく
3)材料をしっかり煮立てます。泡が全体に行渡ったら)
4)イカナゴをぱらぱらと最後まで続けて一気に入れます
 *念のため中心まで火が通っていませんの
  指で煮汁の通る穴をあけてあげて下さい
5)落し蓋しますすぐ吹いてきます 灰汁を取り
 そのまま強火で20分ほどおいて大丈夫です
6)そのうち泡が静まってきます
*箸でかき回さないでください
7)煮汁が見えにくくなったら中火〜5分程 極弱火で〜1〜2分
8)ほとんど煮汁が少なくなったら
9)イカナゴと煮汁を分けて一気に冷まします


手作り料理に戻る