水無月を食べて夏を越そう

6月30日「夏越の祓」の神事があります。
上半期の厄を払い
残り半年の無病息災を願う神事です。

この日水無月を食べる習慣があります。

6月の別名水無月を食べ
日々感謝しながら夏を乗り越えたいと願っています。
作り方は意外と簡単です。
家族の為に手作りは如何ですか?

岩崎啓子様のレシピを参考にさせてもらいました。
作り方
材料
本くず粉 90g 上新粉 60g
もち粉  15g グラニュー糖 30g
甘納豆(小豆の缶詰使用)
水    C1,5

作り方
1)ボールにくず粉を入れ水を少しずつ加えながら良く混ぜ
全体が滑らかになるように
2)別のボールに上新粉 もち粉 グラニュー糖 を合わせて良く混ぜ
1)に加え、滑らかに混ぜつたら
3)型にオープンペーパーを敷き
万能こし器で越しながら3/4流し入れる
4)蒸気の上がった蒸し器に入れ、10分位蒸す
5)表面が固まったら甘納豆を一面に散らし
残っている生地をスプーンで流し、さらに30分程蒸す
6)竹串を刺してすっと通れば火が通っています
そのまま冷ましてから 8つに切り分けます
手作り料理に戻る